語学教育研究所

2019年度語研「基礎講座」「ア・ラ・カルト講座」

一般財団法人 語学教育研究所主催 2019年度基礎講座・アラカルト講座のご案内

時代が変わっても基本的な授業の「型」に変わりはありません。オーラル・イントロダクションを核とした 授業の基礎的な指導技術を4回シリーズで学びます。同じ内容を前期•夏期集中•後期・春期集中の4度にわたって実施しますので、ご都合のよい時にご参加ください。また、小学校も含めた多岐にわたる内容のア・ラ・カルト講座へのご参加もお待ちしております。


場 所:語学教育研究所研修室
   (〒116-0013 荒川区西日暮里6-36-13 サザンパレス西日暮里102号)
     交通案内
時 間:午後1時〜4時
    ただし基礎講座(夏期集中・春期集中)およびアラカルト講座②③④⑤は午前 9:30〜12:30 午後13:30〜16:30
定 員:毎回20名

      
※申込数が定員に近づいた場合、一定期間が過ぎた料金未納の仮申し込みはキャンセルさせていただくこともありますので、ご了承ください。

参加費:会員 半日3,000円(1日 5,000円)
     ※1日とは午前午後両方参加の場合です。
   (※学生で会員の場合は 半日・1日ともに1,000円)

       一般 半日5,000円(1日 10,000円)
    学生 半日2,000円(1日 3,000円)
      
※いったん入金された参加費は、キャンセルや欠席の場合でも返金いたしませんのでご注意ください。また、他の講座への振り替えもできませのでご了承ください。



申込方法:各回の申し込みフォームからお申し込みください。

年間計画をダウンロード


担当者 Ouchi  登録日時 2019/9/23 18:27 (529 ヒット)

日時:12月1日(日)13:00〜16:00(12:30より受付開始)

講師:馬場 千秋(帝京科学大学)

「ライティング指導は難しい」という印象をお持ちの方は多いと思います。本講座では、「これならできる!」と受講者の方に思っていただけるような、日常の授業の中で実際の検定教科書を用いたライティング指導や、投げ込み教材等を使ったライティング指導を紹介します。また、フィードバック方法と評価方法についても具体例を提示します。

開始時間 12時00分
定員数 20人 (予約数 9人)
予約締切時間 2019/12/1 11:00
担当者 Ouchi  登録日時 2019/9/23 18:09 (349 ヒット)

日時:11月2日(土)13:00〜16:00(12:30より受付開始)

講師:浅野 伸子(東京都立小山台高等学校)

英語の授業を英語で進める際に、どのような原則があるのでしょうか。また、英語の授業を効果的に組み立てていくためには、どのような点に注意しなければならないのでしょうか。このような、授業づくりの基礎・基本について考えます。4回にわたるシリーズの「導入・概論」にあたる講座です。

開始時間 12時00分
定員数 20人 (予約数 9人)
予約締切時間 2019/11/2 11:00
担当者 Ouchi  登録日時 2019/7/15 5:28 (607 ヒット)

日時:10月20日(日)13:00〜16:00(12:30より受付開始)

講師:四方 雅之(成蹊中学高等学校)

本文の導入と説明のあと、どのように変化を持たせて繰り返し音読をさせるか、どのような点について指導を加えるか、さらに、音読の成果を土台として、いかにして発表活動につなげていけばいいかについて考えます。

開始時間 12時00分
定員数 20人 (予約数 7人)
予約締切時間 2019/10/20 11:00
担当者 Ouchi  登録日時 2019/8/3 6:30 (791 ヒット)

ア・ラ・カルト講座⑨「発音指導の心技体」

日時:9月22日(日)13:00〜16:00(12:30より受付開始)

講師:靜 哲人(大東文化大学)

効果的に発音指導を行うためには、World Englishes の時代においてなぜ発音が重要なのかについての確信[心]、 授業中に他にスキルと絡めて指導する技術[技]、そしてそれを支える自らの発音力[体]が不可欠です。分節要素を支配するとも言われるプロソディも含めて発音指導の心技体を実習します。実習には一部、靜哲人(2019)『発音の教科書--日本語ネイティブが苦手な英語の音とリズムの作り方がいちばんよくわかる』を用いますので、ご持参ください。(当日会場でも購入できます。)

開始時間 12時00分
定員数 20人 (予約数 20人)
予約締切時間 2019/9/22 11:00
担当者 Ouchi  登録日時 2019/7/15 5:19 (411 ヒット)

ア・ラ・カルト講座⑧「教科書を使った生徒のやる気を引き出す指導法」

日時:9月15日(日)13:00〜16:00(12:30より受付開始)

講師:曽根 典夫(筑波大学附属高等学校)

「これができたら、お菓子、シール・・・」本当にこれで良いのか。生徒のモチベーションを高めるには何が必要か、学習効果を最大にする仕掛けは何があるのか。理論を踏まえながらその方法をお伝えします。

開始時間 12時00分
定員数 20人 (予約数 5人)
予約締切時間 2019/9/15 11:00
担当者 Ouchi  登録日時 2019/7/15 5:09 (230 ヒット)

日時:9月8日(日)13:00〜16:00(12:30より受付開始)

講師:江原一浩(筑波学院大学)

新しい題材についての背景知識を与えながら生徒たちに興味を持たせ、関連する語彙を使用場面を設定して与えることが導入の大きな目的です。そして導入の先には、読解活動や発表活動など、単元のゴールがあります。到着点を見据えながら、どのように導入を組み立てたら良いか、また、発展させたら良いのか。実際の教材や授業の様子をご紹介しながら、それぞれの授業にあった導入を参加者で一緒に考えていきます。

開始時間 12時00分
定員数 20人 (予約数 2人)
予約締切時間 2019/9/8 11:00
担当者 Ouchi  登録日時 2019/7/15 4:57 (329 ヒット)

ア・ラ・カルト講座⑦「テストを変えたい先生方への最初の処方箋」

日時:9月7日(土)13:00〜16:00(12:30より受付開始)

講師:根岸 雅史(東京外国語大学)

授業と密接に結びついた定期試験は、授業や学習の振り返りに資する必要がある。そのために、現状の定期試験にはいくつか改善すべき点がある。この講座では、その改善に向けての第一歩となるテストの構成について考察する。できれば、自校の定期試験を持ち寄っていただき、改善策を一緒に考えたい。

開始時間 12時00分
定員数 20人 (予約数 5人)
予約締切時間 2019/9/7 11:00
担当者 Ouchi  登録日時 2019/4/7 5:29 (428 ヒット)

ア・ラ・カルト講座⑥「単語の意味の伝え方」

日時:8月20日(火)13:00〜16:00(12:30より受付開始)

講師:砂谷 恒夫(元・東京都立高等学校)

単語の意味を示す方法には、1絵や写真、実物等の提示、2平易な英語による言い換え、3具体例の列挙、4日本語訳などの方法があります。英語で進める授業では1、2、3がよく使われます。しかし、意味は正しく伝わっているでしょうか。教師が伝えたと思っている意味と、生徒が受け取った意味は同じでしょうか。生徒は理解できたでしょうか。英語の単語の意味について具体的に考えてみましょう。

開始時間 12時00分
定員数 20人 (予約数 10人)
予約締切時間 2019/8/20 11:00
担当者 Ouchi  登録日時 2019/4/7 5:24 (200 ヒット)

ア・ラ・カルト講座⑤「プレゼンソフトで合理的配慮の視点を取り入れた授業を作ろう」

日時:8月10日(土)13:30〜16:30(13:00より受付開始)

講師:草間 浩一(武蔵高等学校中学校)

公立学校では合理的配慮の提供が義務づけられています。東京都も条例で私学にも合理的配慮の提供を義務づけました。特別支援教育の考え方に基づき、合理的配慮の視点を取り入れた授業作りが求められています。プレゼンソフトを活かし、できることから始める方法を具体例(講座では Keynote を用いますが、PowerPoint でも応 用できます)を交えながら考えていきます。

開始時間 12時30分
定員数 20人 (予約数 3人)
予約締切時間 2019/8/10 11:30
担当者 Ouchi  登録日時 2019/4/7 4:59 (356 ヒット)

ア・ラ・カルト講座④「授業の中でのフォニックス活用術」

日時:8月10日(土)9:30〜12:30(9:00より受付開始)

講師:手島 良(武蔵高等学校中学校)

英単語の綴りを正しく読んだり書いたりするのが苦手な生徒がたくさんいます。そして多くの生徒は既習の知識である「ローマ字読み」でこの問題を解決しようとしています。フォニックスが解決の方法かもしれないと思いつつも、ふだんの授業でどのように活用してよいか困っている先生方のために、授業で使えるさまざまな tips をご紹介したいと思います。生徒の発音も良くなります!

開始時間 08時30分
定員数 20人 (予約数 11人)
予約締切時間 2019/8/10 7:30
前のイベント 次のイベント

2019年度研究大会:11月17日(日)於:武蔵野大学




研究大会プログラム2019

大会関連情報