語学教育研究所

担当者 Ouchi  登録日時 2024/4/30 4:34 (738 ヒット)

日時:7月27日(土)20:00~21:30
(申込締切:7月24日(水))

講師:吉澤 孝幸(秋田県立秋田南高等学校中等部)


講義内容
教科書が中心的な教材であることは、今も昔も違いはないように思います。インタラクションを通して教科書で扱われているテーマをよりよく理解するための指導の足跡を報告します。 「意味とは使用である(meaning is use)」と「構造は使用から生まれる(structure emerges from use)」という考え方を支柱にして自分の授業を考えてきました。また、教科書を活用して、昨年の全国学力調査の「話すこと」大問2のような課題にどう対応できるかについても考えを述べさせていただきたいと思います。

講師プロフィール
吉澤 孝幸(よしざわ たかゆき)
秋田県内の中学校に勤務して、現場一本で30年以上が経ちます。教室だからこそできる実践研究を少しずつ行ってきました。いまだに壁に当たることも多いですが、「壁に当たっていること自体良いことだ」と思うようにしています。授業が自分の一日の中心であることは、年齢を重ねても変わりません。2018年パーマー賞受賞。

参加費:会員 1,000 円 非会員3,000円 (学生は各半額)

開始時間 20時00分
予約締切時間 2024/7/25 0:00

ご予約はこちら

担当者 Ouchi  登録日時 2024/7/3 12:10 (226 ヒット)

公開・授業研究会「クラスメイトとの協働でのリテリング:教科書本文の導入から発表まで」

日時:8月3日(土)14:00~16:00
(申込締切:7月31日(水))

場所大東文化会館(東京都板橋区徳丸2-4-21)

※対面のみのイベントです。オンライン配信はありません。

授業者:木村祐太(金沢市立西南部中学校/2021年度若林俊輔奨励賞受賞者)
助言者:及川 賢(埼玉大学/語学教育研究所評議員)

内容
教科書本文の導入から、授業の終末でのペアでのリテリングの発表までの授業を見ていただきます。学力差があるクラスの中でどのような工夫を行えば、全生徒のやりがいを高め、英語を使用させることができるか、実例を授業を通して提案させていただきます。

授業者プロフィール
木村祐太(きむら ゆうた)
石川県の公立中学校で教えて16年目になります。多くの先生方と同じように、教科指導だけでなく、担任業務、校務分掌、生徒指導、部活動などで目まぐるしく忙しい毎日を送っています。「より良い授業を」という思いに駆り立てられ、これまで語研でも様々なチャレンジの場をいただいてきました。

助言者プロフィール
及川賢(おいかわ けん)
教育学部で教員養成に携わっています。また、中高一貫校での教諭として経験を活かし、県内外で小学校、中学校の英語の授業改善のお手伝いをする機会も多数いただいています。語研では「外国語教育研究賞」の委員長も務めています。

参加費:会員 1,000 円 非会員3,000円 (学生は各半額)

開始時間 14時00分
予約締切時間 2024/8/1 0:00

ご予約はこちら

前のイベント