語学教育研究所

トップ  >   ◆パーマー賞
「パーマー賞」は、1950年の研究理事会の決定に基き、研究所初代所長であるHarold E. Palmer博士 (1877-1949) の功績を記念して設定された賞である。わが国の外国語教育の改善発展に顕著な成果を収めた個人、学校、または団体に対して、研究所内に設置する「パーマー賞委員会」の選考により、理事会の議決を経て授賞される。今年度は第73回にあたる。
選考は公募と委員からの推薦を合わせて『パーマー賞の授賞に関する規定』『パーマー賞委員会規定』『パーマー賞委員会運営細則』の定めるところにより、書類選考および映像による授業検討等により慎重に審議し、理事会の承認を経て正式に決定する。


2023年度 「パーマー賞公募」のお知らせ
パーマー賞は、本研究所が、わが国における外国語教育の改善発展のために顕著な成果を収めた個人、学校、団体に対して贈呈する賞です。パーマー賞委員による推薦と自薦(公募)があります。自薦での応募を希望される方は、語研にメールにて問い合わせください。なお、公募は当研究所に会員登録をされている方を対象とし、小学校・中学校・高等学校の個人賞のみを選考します。(現在、会員登録をされていない場合は、応募される前に登録をお願いします。)応募期間は6月5日から7月3日(語研必着)です。

問い合わせ先:(一財)語学教育研究所 office.irlt@gmail.com
プリンタ用画面
前
H. E. Palmer
カテゴリートップ
語研について
次
市河三喜