語学教育研究所

トップ  >  市河三喜
日本英語学の祖,市河三喜

日本の英語学は市河三喜 (1886-1970) に始まる,といわれています。この大学者はまた新教授法の普及にも多くの情熱を注ぎました。

パーマーが日本に着いたとき神戸まで出迎えたのもこの人でした。それ以来パーマーの良き理解者として最初は顧問,のち戦前から戦後にかけて苦難の時代に所長・理事長として通算 30 年以上にもわたって中枢で研究所を支えました。

市河賞について

1966 (昭和41) 年,研究所は市河博士の傘寿 (80歳) を記念して,博士からの寄付金を基金として「市河賞」を設けました。英語学研究の優れた論文を公刊した若手研究者に対して「市河賞委員会」の審査を経て贈られます。なお,受賞者には賞状、並びに、市河博士の東京帝大卒業の際の論文のファクシミリ版および時計が贈呈されることになっています。
プリンタ用画面
前
 ◆パーマー賞
カテゴリートップ
語研について
次
伊藤健三